weekend house in takeo design by rhythmdesign

Link brand advertising on milimetdesign

milimetdesign updated from www.rhythmdesign.org

10_takeo_0019.jpg (1000×687)

1_takeo_0018.jpg (1000×795)

9_takeo_0016.jpg (1000×667)

3_takeo_0024.jpg (1000×750)

2_takeo_0022.jpg (1000×750)

6_takeo_0020.jpg (686×1000)

8_takeo_0007.jpg (1000×667)

takeo_0006.jpg (1000×667)

7_takeo_0021.jpg (686×1000)

5_takeo_0027.jpg (686×1000)

4_takeo_0026.jpg (674×1000)

12_takeo_0004.jpg (666×1000)

takeo_0003.jpg (533×800)

Project Details

Title: Weekend-house in Takeo
Location: Takeo, Saga pref., JAPAN
Type of Project: Single Family House [weekend-house]
Status: completed
Structure: Steel
Site area: 310.00 m2
Buildign area: 145.02 m2
Gross internal floor area: 139.86 m2
Commissioned: Jury 2007
Completed: Jury 2009
Client: Private
Budget: Confidential


CRESIT

Architects: rhythmdesign
Project Architect: Kenichiro Ide
Design Team: Kenichiro Ide, Chie Fukutomi [ex-staff]
Lighting consultant: USHIO SPAX FUKUOKA
Structural Engineers: Kuroiwa Structural Engineers
Photographer: Koichi Torimura
Main contractor: Kitamatsu corporation


This is a weekend house whichs is located in Takeo, Saga pref., Japan.
The house is floating by 1.4 meters from the ground.
that is fixed by the 29 columns which have diameter of 76.3 millimeters each.

The family who was the client had already owned a house which was characterized by wooden wall.The site was surrounded by trees and tall buildings. Therefore they could not get any views, and could not protect their privacy. The family drew a new life images quite different from the quality of life that was obtainable there, and wanted a new weekend house.

They bought a small hill with a fine view over the city and the mountain. They wanted a openness to the view.

On the other hand ,” We don’t need any openings on the north wall which is facing to the road and buildings. ” as they said, they also wanted to protect there privacy from any eyes.

There is no openings which can see through the inside of this house, and there is also no entrance which we can see from the road. We have to walk around the outside for entering this weekend house.

The house is floating by 1.4 meters from the ground. And that is fixed by the 29 columns which have diameter of 76.3 millimeters each.there is no uses sandwiched in between the house and the ground. Our eyes and wind can go through this void.By meaning of this design, we hoped that the reconciliation of the house and the landscape was found.

物件詳細
計画地:佐賀県武雄市
用途:専用住宅[週末住宅]
状態:竣工
工事種別:新築
構造:鉄骨造
規模:平屋
敷地面積:310.00m2
建築面積:145.02m2
法定延床面積:151.17m2
計画着手:2007年7月
工事竣工:2009年7月
発注者:有限会社 副島招馬商会
設計:リズムデザイン
担当者:井手・福冨[元所員]
構造設計:黒岩構造設計事ム所
電気設備設計:大幸設備設計事務所
機械設備設計:石川設備設計
照明計画:株式会社 ウシオスペックス福岡
施工会社:株式会社 北松建設
写真撮影:鳥村 鋼一

この住宅は、佐賀県武雄市に計画された週末住宅です。
住宅の室内は、地面から1.4メートル浮いた状態で、直径φ76.3mmの鉄骨の柱29本によって固定されています。

クライアントである家族は、すでに1つの住宅を所有していました。杉材の外壁が特徴的なその住宅は、周囲を木々に囲まれており、敷地の周辺には、背の高い建物が住宅を見下ろすように建っていました。その住宅の形態と周辺との関わり方では、開放的な暮らしと室内のプライバシー確保を両立することは、とても難しい状態になっていました。家族は、そこで手にすることが出来る生活の質とは全く異なる生活像を描き、新しい週末住宅を望みました。

敷地として選ばれたのは、その住宅から徒歩数分のところにある、周辺より少し隆起した小さな丘のような場所でした。敷地の東・西・南側には住宅が近接して建っており、北側の前面道路を隔てた向かいには、大きな鉄筋コンクリート造の病院施設がありました。土地の一番高いところからさらに2.0メートルほど視点をあげると、南側の眼下に広がる街並みと街の象徴である山を望むことが出来ました。家族はこの場所に、眺望に対して開放的な状態を望み、一方で、「北側には一切の開口部を設けないで欲しい」と、街の喧噪や視線から完全に切り離された状態を望みました。

この住宅には、道路から室内を見通すような開口部は一切ありません。室内への入り口さえ何処にあるのかわかりにくい状態とし、道路から敷地内部を迂回して入る計画としています。住宅の室内は、地面から1.4メートル浮いた状態で、直径φ76.3mmの鉄骨の柱29本によって固定されています。住宅の室内と地面との間は、用途がない空白の状態です。家族が親密な時間を過ごすための室内の真下に、敷地越しに視線や風が行き来することが出来る場所をつくることで、住宅と街の調和を見出そうと考えました。

  • milimetdesign  – Where the convergence of unique creatives
Link brand advertising on milimetdesign